ウィンザーマスターについて

ウィンザーマスターの仕組みを理解しよう

ウィンザーマスターはWChatというメッセンジャーアプリの中で提供されている、暗号資産プラットフォームです。

預入に対して配当が得られると言う意味では従来の配当型ウォレットと同じですが、実際はその仕組みや機能、配当の出所など含めYoubankを引き継いだものであるということが分かります。

この記事ではYoubankからの流れも抑えながら、ウィンザーマスターについてご紹介していきます。

世界No.1のデジタル資産銀行YOUBANK

Youbank説明

CIFグループのユーリンショウ氏とその弟子のリューヤン氏が2019年5月に立ち上げたデジタル資産銀行化されたプラットフォームがYoubankです。

Youbankグループの本社はシンガポールで、デジタル資産の保管から決済、取引、さらにはショッピングモールやゲームなどが出来るデジタル資産管理プラットフォームがYoubankでした。

我々YoubankユーザーはYoubankに資産を預けるだけで、月利6%-20%の配当を得ることが出来ていました。その配当はYBTというYoubankトークンで得られ、そのYBTの価値上昇や配当・紹介報酬の仕組みにより半年間で数千人に及ぶ億万長者を輩出したのです。

多くの配当型ウォレットはトレードやアービトラージで配当を捻出しているのに対し、Youbankはトレードを含め多角的な事業を展開しており、それらの事業収益からの配当であるために配当が滞るなどの問題は一度もありませんでした。

5つの主要事業は以下のとおり

  1. 高頻度取引:月利20%前後
  2. デジタル資産レンディング:月利30-50%
  3. デジタル通貨支払い:月利60-100%
  4. 不良資産処分:1回の資産処分による利益は10倍以上
  5. 企業買収・資産再編成:収益率500%以上

全てのYoubankユーザーが資産を増やしましたが、その存在が中国内で目立ち始め、Youbankが当局の規制を受ける可能性が極めて高くなり、その回避作としてマレーシアの大企業であるMonspaceと合併してMunicsBankを立ち上げるに至ります。

YoubankユーザーはMunicsへの移動を余儀なくされます。MunicsはMonspace側の企業戦略を反映させたものであり、預入資金が出しにくかったり、USDAの価格下落など、いくつかの問題が浮上してきていました。

Youbank時代の資産は全てMunicsでその存在だけは見ることが出来ますが、配当が出ることもなく、ただ数字として見えるだけでした。

それの出口戦略としてユーリンショウ氏が立ち上げたプラットフォームがウィンザーマスターなのです。

ウィンザーマスターの保証

ウィンザーマスターの保証はYoubankがユーザーに保証していた内容と同等のものであり、ウィンザーマスターも安心して利用することが出来ると考えられます。

前回の記事でも触れましたが、非常に重要な部分であり再度確認しておきたいと思います。

ウィンザーマスター5大保証
  1. 取引記録を提供、チェーン上で検索可能
  2. 元本保証の約束
  3. 迅速な収益化と引き出し可能
  4. 改ざん防止
  5. 仲介なしの信頼性

ユーザー預入の元本が保証されているものであり、且つロックなしでいつでも引き出しが出来るというのはユーザーにとっては大きな安心材料となるでしょう。

Youbankも徹底したリスク管理を行っていましたが、それと同等かそれ以上の保証体制を確立していると言えます。

ウィンザーマスター6大強み

また、ウィンザーマスターは6つの強みを持っています。これからの世の中には欠かせないものがブロックチェーンであり、その分野において世界を率いる立場に位置することが期待されます。

  1. 世界初の金融プラットフォーム
  2. ブロックチェーン技術に基づく金融プラットフォームを構築
  3. 革新的ソーシャル投資コミュニティ
  4. 革新的金融商品とサービスの提供
  5. 世界的金融エコシステムを提供、大手金融機関とリンク
  6. 高透明度、高インタラクティブ、低敷居、低コストのプラットフォーム

ウィンザーマスターの報酬プラン

参加条件

ウィンザーマスターは最低運用額が100ドルであり、Youbankの300ドルよりも参加しやすい設定になっています。

また、運用額によりグループ傘下の収益を最大12段まで得ることが出来ます。

ウィンザーマスター参加条件

運用の配当率

ウィンザーマスターの投資収益は月利5%~20%であり、世界情勢や世界の株価指数、コモディティ、デジタル通貨などの主要な市場の相場状況により変動することになっています。

スタート時点の月利は日々の配当額から算出すると、月利5%強といったところです。

紹介(シェア)報酬

自分が何人にウィンザーマスターを紹介したかにより、自身のグループ傘下から得られる段数が変わってきます。

グループ傘下からの収益は1段目がその人の運用益の100%ですが、2段目から12段目は一律で運用益の10%となります。ここがYoubankと大きくことなる点です。この仕組みにしたことにより無理なポジション取りは少なくなると考えられ、ウィンザーマスターはYoubankよりもさらに発展・強固なものとなり、長く運用していけるものに進化していると考えます。

ウィンザーマスターシェア報酬

ウィンザーマスター配当プランまとめ

以上の参加条件、配当率、シェア報酬をまとめると、ウィンザーマスターの配当は以下のようになります。

  1. 自身の投資額が5,000ドル未満の場合
    1人シェアで1段のみ、2人シェアで3段まで、3人以上シェアしても3段まで
  2. 自身の投資額が5,000ドルから10,000ドル未満の場合
    1人シェアで1段のみ、2人シェアで4段まで、3人シェアで6段まで、4人シェアで7段まで、5人以上紹介しても7段まで
  3. 自分の投資額が10,000ドル以上
    最大の12段までが対象、段数はシェア人数に応じて1段から12段

ウィンザーマスター仕組みまとめ

以上がウィンザーマスターの仕組みです。

Youbankの良い点を引き継ぎ、かつ仕組みはさらに長期で運用されるように考え抜かれています。

Youbankユーザーがひとり残らず資金を増やし、かつ数多くの億万長者が誕生しましたが、ウィンザーマスターはさらに多くの人に富を与え、世界をもリードするデジタル資産プラットフォームの頂点に君臨し続けるのではないでしょうか。

ウィンザーマスターが世界をリード