ウィンザーマスター使い方

ウィンザーマスターのアカウント構築について

ウィンザーマスターの報酬プランを最大限活用して効率よく資金を増やす為のアカウントの構築方法についてお伝えします。

アカウント構築にあたってはルールがあるので注意が必要です。

場合によってはアカウント停止になるため、十分理解した上で行って下さい。

ウィンザーマスター報酬プランの確認

報酬プランのひとつにシェア報酬があります。

これは自身の紹介コードで登録したアカウントの報酬100%がシェア報酬として入り、さらにそのアカウントの紹介で登録したアカウントの報酬10%も入ります。これは最大で12段先まで入るプランとなっています。

例)

自分:100ドル運用
自分紹介のアカウント:100ドル運用

この場合、例えば月利10%とすると1ヶ月の報酬は、
自分:10ドル
自分紹介のアカウント:10ドル
ですが、シェア報酬として自分には自分紹介アカウントの報酬と同額が入るため、1ヶ月の報酬合計は20ドルとなります。

winzor報酬の仕組み

アカウントの構築

上記のシェア報酬を最大限活用するために、アカウントをダブルで開設することをオススメします。

まずはひとつ目のメインアカウントを開設します。
次にメインアカウントの紹介でサブアカウントを開設します。

いずれも自分のアカウントです。

これにより、シェア報酬を受け取ることが出来るため、例えばメイン100ドル運用、サブ1,000ドル運用なら1ヶ月で合計210ドルの報酬が発生します。

winzorシェア報酬

仮に月利10%とした場合、アカウント一つで1,100ドル運用なら1ヶ月の配当は110ドルですが、アカウントを二つ組み合わせると得られる配当は合計210ドルに増やすことが可能となります。

winzorダブルアカウント

アカウント構築時のルール

自分(メイン)を1段目とすると、紹介は2段目(サブアカウント)から出してください。

3段目に自分のアカウントを作って、そこから紹介を出すのはNGです。アカウント停止になる可能性があります。

winzorアカウントルール

組織拡大時のアカウント構築方法

将来的なタイトル取得を考えた場合はサブアカウントを3つ作り、バランスよく紹介を出してください。
(注:アカウントからの紹介数に制限はありません。)

サブがそれぞれW1タイトルになった時にメインはW2となります。

winzorアカウント拡大

アカウント構築まとめ

以上のとおり、ウィンザーマスターは運用最低額が100ドルということもあり、配当を効率よく得ていくためにはダブルアカウントを推奨します。さらにメインの配当をサブに移して複利運用していけば、小額スタートでも大きな資産構築が見込めます。